ビーズコンチョの修理。

修理依頼のビーズコンチョ画像。
修理依頼のビーズコンチョ。

先日、ビーズコンチョの修理依頼があり修理させて頂きました。
残念ながら、修理前の画像を撮り忘れてしまったので修理後の画像に
なりますが…。

ビーズコンチョの修理依頼は年に数個あります。
淵の部分(かがってある部分)が解れてしまったとの事で、お問い合わ
せを頂くケースがほとんどです。

更に、ありがたいことに、修理依頼されるお客さまは長くご愛用して
頂いているので、ビーズコンチョの裏側の鹿革が劣化しているケース
が多く、修理の際、裏側の鹿革も新調させて頂いて
おります。

 

このケースであれば、修理代金は頂戴せず(送料のみお客様のご負担と
させて頂いております)に対応させていただいております。

 

しかし、今回、お問い合わせの時点で『コンチョの中心のビーズが解
れた…』との内容の為、画像を送って頂き確認させて頂いたところ、
確かに、中心の2列だけが解れているのを確認しました。

この様な状況は初めてでしたが、修理と言うより、もはや作り直しと

いう事で、お客様へ、その旨をお伝えしたところ、ご友人からのプレゼ
ント
で大切にしているとの事で、ご了承を頂き、作り直しをさせて頂
きました。


中心部分が解れているだけでしたので、紛失しているビーズは無く、
そのままビーズを使用しての作り直し。もちろん、鹿革は新しく新調
させて頂きました。


これで、また長くご愛用して頂ければ幸いです。

ありがとうございます。

 

ちなみに、今回のビーズコンチョに使用しているものは13号で、定番では
制作しておりませんが、オーダーにて承りますので、気になる方は、ぜひ
お気軽にお問い合わせください。